2017.11.15

2025年国際博覧会の大阪・関西への誘致に向けて11月15日にBIE(博覧会国際事務局)総会で プレゼンテーションを行いました

日本は、2025日本万国博覧会誘致委員会とともに、2025年国際博覧会の大阪・関西への誘致のため、11月15日にパリで開催されたBIE総会において、BIE加盟国に対し、第2回のプレゼンテーションを行いました。

安倍総理のビデオメッセージのほか、国連が設定しているSDGs(持続可能な開発目標 Sustainable Development Goals)の解決に諸外国とともに取り組む日本の官民の取組をアピールしました。日本の計画する国際博覧会が、大阪・関西を起点として、SDGsの達成に貢献するものであるということを訴えました。また、吉村大阪市長が、大阪にはSDGs達成に向けて取り組む環境が整っていることを伝え、開催地「夢洲」を紹介するとともに、具体的な会場イメージについてもプレゼンを行いました。

詳しくは経済産業省ホームページ ニュースリリースをご覧ください。
http://www.meti.go.jp/press/2017/11/20171116001/20171116001.html

 

< 動画(日本語字幕付き)>
1.オープニング映像
https://www.youtube.com/watch?v=mo0auprm3Xw&feature=youtu.be

2.コンセプト映像(1)(一部パートに安倍総理出演)
https://www.youtube.com/watch?v=75J0buXQUIk&feature=youtu.be

3.コンセプト映像(2)(一部パートに安倍総理出演)
https://www.youtube.com/watch?v=mNTCbMbq1uM&feature=youtu.be