オフィシャルパートナー・オフィシャルサポーターについて

「2025日本万国博覧会誘致委員会」では、国際博覧会の日本(大阪・関西)への誘致実現に向けて活動しております。
誘致の実現に向けては、日本政府に加え、経済界、地元自治体、国民の代表など関係者が一丸となったオールジャパンの連携をさらに強化して、
海外でのプロモーションや国内及び大阪・関西の気運醸成が必要不可欠であります。
誘致委員会事務局では、この誘致活動を支援して下さる「オフィシャルパートナー」「オフィシャルサポーター」を募集しています。

オフィシャルパートナー

1.協賛方法(2018年11月まで)
現金:200万円(税込)以上
現物:400万円相当以上の商品・サービスの無償提供※
※事務局で検討させていただき、誘致活動に必要と認められたものに限ります。

 

2.協賛特典
誘致に関わる以下の活動機会での協賛メリット
ⅰ オフィシャルパートナー枠で社名ロゴの掲出
●告知メディア: ウェブサイト、ポスター等でのロゴ掲出
●イベント: PRパネル等での社名掲出、配布物等
●その他: 誘致活動において、適宜PR機会を設定します。
ⅱ 主催イベント等でPR機会の優先提供(費用別途)
●PRイベント、シンポジウム等におけるブース出展、サンプリング機会の提供
ⅲ 誘致活動事業、協力委託事業に関する情報提供
●優先的営業権を約束するものではありません。
ⅳ その他
●協賛企業の皆様からご提案いただければ、誘致活動として価値があると判断される企画については前向きに検討させていただきます。
※「オフィシャルパートナー」「オフィシャルサポーター」については審査の上、お断りさせて頂く場合もございますので予めご了承ください。

オフィシャルサポーター

1.協賛方法
ⅰ現金:50万円~100万円未満(税込)
ⅱ現物:100万円相当以上の自社商品・サービスの無償提供※
※事務局で検討させていただき、誘致活動に必要と認められたものに限ります

 

2.協賛特典
誘致に関わる以下の活動機会での協賛メリット
ⅰオフィシャルサポーター枠で社名のみ掲出
●告知メディア:ウェブサイト
●イベント等  :PRパネルでの社名掲出

 

 

オフィシャルパートナー
アートコーポレーション株式会社

アートコーポレーション
株式会社

株式会社アシックス

株式会社アシックス

岩谷産業株式会社

岩谷産業株式会社

AIGジャパン・ホールディングス株式会社

AIGジャパン・ホールディングス株式会社

大阪ガス株式会社

大阪ガス株式会社

株式会社大林組

株式会社大林組

オムロン株式会社

オムロン株式会社

オリックス株式会社

オリックス株式会社

がんこフードサービス株式会社

がんこフードサービス株式会社

関西電力株式会社

関西電力株式会社

株式会社京都銀行

株式会社京都銀行

近鉄グループホールディングス株式会社

近鉄グループホールディングス株式会社

株式会社神戸製鋼所

株式会社神戸製鋼所

コクヨ株式会社

コクヨ株式会社

株式会社サクラクレパス

株式会社サクラクレパス

サントリーホールディングス株式会社

サントリーホールディングス
株式会社

株式会社JTB西日本

株式会社JTB西日本

塩野義製薬株式会社

塩野義製薬株式会社

シスメックス株式会社

シスメックス株式会社

住友電気工業株式会社

住友電気工業株式会社

ダイキン工業株式会社

ダイキン工業株式会社

大同生命保険株式会社

大同生命保険株式会社

株式会社竹中工務店

株式会社竹中工務店

田辺三菱製薬株式会社

田辺三菱製薬株式会社

東洋紡株式会社

東洋紡株式会社

南海電気鉄道株式会社

南海電気鉄道株式会社

西日本電信電話株式会社

西日本電信電話株式会社

西日本旅客鉄道株式会社

西日本旅客鉄道株式会社

日本生命保険相互会社

日本生命保険相互会社

パナソニック株式会社

パナソニック株式会社

阪急電鉄株式会社

阪急電鉄株式会社

阪神電気鉄道株式会社

阪神電気鉄道株式会社

日立造船株式会社

日立造船株式会社

丸一鋼管株式会社

丸一鋼管株式会社

株式会社三井住友銀行

株式会社三井住友銀行

株式会社三菱東京UFJ銀行

株式会社三菱東京UFJ銀行

吉本興業株式会社

吉本興業株式会社

株式会社りそな銀行

株式会社りそな銀行

レンゴー株式会社

レンゴー株式会社

ロート製薬株式会社

ロート製薬株式会社

京阪ホールディングス株式会社

京阪ホールディングス株式会社

エデルマン・ジャパン株式会社

エデルマン・ジャパン株式会社

東洋テック株式会社

東洋テック株式会社

日本郵便株式会社

日本郵便株式会社

凸版印刷株式会社

凸版印刷株式会社

損害保険ジャパン日本興亜株式会社

損害保険ジャパン日本興亜
株式会社

EY Japan

EY Japan

株式会社クボタ

株式会社クボタ

関西エアポート株式会社

関西エアポート株式会社

大阪信用金庫

大阪信用金庫

東京海上日動火災保険株式会社

東京海上日動火災保険
株式会社

ヤマト運輸株式会社

ヤマト運輸株式会社

大阪広域生コンクリート協同組合

大阪広域生コンクリート
協同組合

KNT-CTホールディングス株式会社

KNT-CTホールディングス
株式会社

メルコリゾート&エンターテインメント株式会社

メルコリゾート&エンター
テインメント株式会社

住友生命保険相互会社

住友生命保険相互会社

大日本印刷株式会社

大日本印刷株式会社

阪神高速道路株式会社

阪神高速道路株式会社

三井住友海上火災保険株式会社

三井住友海上火災保険株式会社

岩井コスモ証券株式会社

岩井コスモ証券株式会社

一般社団法人 大阪青年会議所

一般社団法人 大阪青年会議所

新日鐵住金株式会社

新日鐵住金株式会社

関電不動産開発株式会社

関電不動産開発株式会社

相互タクシー株式会社

相互タクシー株式会社

株式会社日本触媒

株式会社日本触媒

不二製油グループ本社株式会社

不二製油グループ本社株式会社

伊藤忠商事株式会社

伊藤忠商事株式会社

小林製薬株式会社

小林製薬株式会社

株式会社きんでん

株式会社きんでん

三井住友信託銀行

三井住友信託銀行株式会社

三菱商事株式会社

三菱商事株式会社

三井物産株式会社

三井物産株式会社

全日本空輸株式会社

全日本空輸株式会社

日本航空株式会社

日本航空株式会社

丸紅株式会社

丸紅株式会社

大和財託株式会社

大和財託株式会社

住友商事株式会社

住友商事株式会社

共英製鋼株式会社

共英製鋼株式会社

双日株式会社

双日株式会社

 

 

オフィシャルサポーター

 

 

誘致ロゴマークの使用申請フローについて

※「オフィシャルパートナー」「オフィシャルサポーター」については審査の上、お断りさせて頂く場合もございますので予めご了承ください。

STEP1 誘致ロゴを使用するため、「オフィシャルパートナー」「オフィシャルサポーター」に申し込み

① “logo@expo2025-osaka-japan.jp”の専用アドレスまで、「オフィシャルパートナー・サポーター登録の件」という件名で
   メールにてご連絡ください。
② 事務局から、関係する書類をメールにてご送付します。その書類にご記載の上、メールにてご返信ください。
③ 「オフィシャルパートナー」「オフィシャルサポーター」としての申し込みが完了します。

STEP2 「使用許諾申請書」を事務局に送付し、ロゴマークデータを入手

① “logo@expo2025-osaka-japan.jp”の専用アドレスまで、「誘致ロゴ使用の件」という件名でメールにてご連絡ください。
② 「使用許諾申請書」と「誘致ロゴマークのデザインデータ」を事務局からお送りしますので、ご入手ください。
  ※デザインデータ形式:イラストレータデータ もしくは JPEGデータ
③ 「使用許諾申請書」に必要事項をご記載の上、メールにてご返信ください。
  合わせて、使用する計画書や図案(デザイン案)など使用用途が分かるものを、ご提出してください。

STEP3 事務局から「使用許諾」の連絡を受ける

① 事務局の方で、計画書や図案(デザイン案)などを確認させて頂き、問題がない場合には「使用許諾」のご連絡をいたします。
② その後、製品製造やイベントにご使用してください。  ※申請から許諾まで、最大で14日間程度が必要
③ 製品サンプルを3つ事務局までご送付ください。ご送付できない場合には、掲出写真または配布写真をメールにてご送付ください。
※ 2018年11月(予定)の開催地決定後は、誘致ロゴマークは使用できなくなります。速やかに撤去または破棄してください。

 

 

その他誘致ロゴマークの使用に関して

知的財産を保護する理由

〇 誘致ロゴマークに関する知的財産は、誘致委員会の独占的な所有物であり、2025日本万国博覧会の関西・大阪開催の誘致に向けて、
 当誘致委員会がその管理しております。
〇 当誘致委員会では、2025国際博覧会の誘致に向けた準備と安定的な運営をするために知的財産を活用したプロモーション活動を
 実施しています。
〇 誘致ロゴマーク等の無断使用・不正使用ないし流用は、アンブッシュ・マーケティングと呼ばれ、知的財産権を侵害するばかりでなく、
 企業等からの協賛金等の減収を招き、誘致活動にも重大な支障をきたす可能性があります。

アンブッシュ・マーケティング

〇 アンブッシュ・マーケティングとは故意であるか否か問わず、権利者であるBIE協会・ 誘致委員会の許諾無しに2025年万博誘致に関する
 知的財産を使用したり、万博誘致のプロモーションを流用することを指します。
〇 万博誘致の機運醸成(誘致プロモーション)を公式に関与するように見せかけ、そのことにより 本誘致委員会のプロモーション活動を妨害し、
 万博誘致のブランドを損なわせることになります。

 

【アンブッシュ・マーケティングとして問題となる例】
× 誘致ロゴマークの無断使用   × 使用が認められていない組織/団体等の誘致ロゴマークの使用
× 2025万博誘致を連想させる用語の使用   × 使用権利保持者以外のPR誌発行
× 誘致シンボルマークと誘致イメージの使用   × 誘致ロゴマークを想起させるグラフィック

法的保護について

■商標法
〇設定の登録前の金銭的請求権(第13条2参照) 商標登録出願人は、商標登録出願をした後に当該出願に係る内容を記載した書面を
 提示して警告をしたときは、その警告後商標権の設定の登録前に当該出願に係る指定商品又は指定役務について当該出願に係る商標の
 使用をした者に対し、当該使用により生じた業務上の損失に相当する額の金銭の支払を請求することができます。

 

■著作権法
〇著作権侵害行為の禁止他人が著作権を有する著作物を著作権者の許可なく利用する行為(複製、譲渡、公衆送信、翻案等)は、
 著作権侵害行為に該当し、侵害の差止請求(第112条)および損害賠償請求の対象となります。
〇刑事罰(第119条第1項)著作権を侵害した者は、10年以上の懲役もしくは1,000万以下の罰金に処し、またはこれを併科すると
 定められております。